15min diary

15min diary

[15min diary] とあるポッドキャストのどんでん返し

日頃、SFやミステリーなど、どちらかというと結末にどんでん返しがあるのが面白い、という方面の本を好んで読んでいますので、いつか自分としてもなにか人を驚かせるどんでん返しを思いつきたい、と常々思っています。 そこで、『そうだ、このポッドキャストの最後の最後にどんでん返しが待っているとしたらどんなことが考えられるだろう』なんてことを今日の帰り道で考えていました。 1)実は一人でやっていた makitoくんとmikamiくんの2人の対話形式でやっていると思っていたこのポッドキャスト。実はmakitoくんがボイスチェンジャーと録音技術を駆使して一人でやっていた。 2...
15min diary

[15min diary] 図書館で借りた本(2020/11/21)

■きっとあの人は眠っているんだよ 穂村弘の読書日記<理由>たくさん知らない本を紹介してくれるので。幅を広げておくのが大事だと思っています。■はじめてでもわかる簿記と経理の仕事 '17〜'18年版 堀江 國明/著 成美堂出版■80分でマスター!ガチ速決算書入門 金川 顕教/著 扶桑社■一番やさしい儲けと会計の基本 江戸商人・勘助と学ぶ 眞山 徳人/著 日本実業出版社<理由>仕事上最低限のことは知っておかないとならないのですが、いつも本だけ借りて満足するのでいつまでたっても入門書から先に進みません。今回も進まないと思いますが、借りておくとすこし心がやすらぎます。本のプラシーボ効果のようなものです。...
15min diary

[15min diary] 祝『メアリールーロード』で検索すると(ECサイトを除いて)1位

以前から、『メアリールーロード』でグーグル検索すると結構上位に我々の記事がくる、ということを話題にしておりまして、いつか1位になるんじゃないか?と密かに期待していたのですが、今日ちょっと検索してみたら、amazonとhmvなどのECサイトを除いてではありますが、見事1位になっていました。 ※この記事です。 Googleのアルゴリズムは「愛のある記事」をきちんと拾い上げてくれるということが分かりました。 あと、このビデオを観ていると、もう一度世界がこんな曲とこんなファッションで溢れればいいのに、と、遠い目になったのでした。
15min diary

[15min diary] ハリー・ポッターにイアン・ブラウンがちょっと出ていた

この間、金曜ロードショーでやっていた『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を録画していたの観ていたら、いきなりイアン・ブラウンさん(元ストーン・ローゼス)がちょい役で出ていたので、『あ!イアン・ブラウンだ!』と声が出てしまいましたが、一緒に見ていた小学生の娘はもちろん知るはずもなく、その気持ちをぶつけるところがなかったのでここに書きました。 と、思ったらハリー・ポッターには結構色んな人がちょっと出てたみたいですね。 以上です。
15min diary

[15min diary] 読書『折りたたみ北京』

Podcastでも紹介しましたが、この本の編者:ケン・リュウさんによる序文は覚えておくべき内容だと思いました。 ありがたいことに、ハヤカワ文庫のページでこの序文が全文公開されています。短い内容ですので良かったら読んでみてください。 ■編者ケン・リュウによる『折りたたみ北京 中国SFアンソロジー』序文「中国の夢」公開! 中国SFの話題が持ち上がるといつも、英語圏の読者は、「中国SFは、英語で書かれたSFとどう違うの?」と訊ねます。 世界中の作家と同様、今日の中国の作家たちはヒューマニズムに関心を抱いています。グローバリゼーションに、テクノロ...
15min diary

[15min diary] いいことを書こうと思わないようにする

ブログを書くのが続かないのは、私の場合、どうしても、なんかちょっといいことを書こう、書かなければいけない、と思ってしまって手が止まるのが原因だと思います。 なので そういう雑念を捨てて 本当の意味で 、日々ふと感じたことを書くように決意を新たにしました。 今日は、友人の後藤さんから、NHK FMの『WEEKEND SUNSHINE』というピーターバラカンさんがやってる番組で、Tom Petty 特集をやっていたよという情報が入りました。こういうのが聴き逃し配信で気軽に追いかけられるのが現代のいいところです。1時間20分のボリュームのある特集だったのでじっくり楽しみました。Tom ...
15min diary

[15min diary]読書:『紙の動物園』

『紙の動物園』(ケン・リュウ著)を読みました。 紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1) ケン リュウ 香港で母さんと出会った父さんは、母さんをアメリカに連れ帰った。 泣き虫だったぼくに母さんが包装紙で作ってくれた折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動きだした。魔法のような母さんの折り紙だけがずっとぼくの友達だった……。 ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝いた表題作など、 第一短篇集である単行本版『紙の動物園』から7篇を収録した胸を打ち心を揺さぶる短篇集。 人気のSF作家、ケン・リュウさんの短編集です。表...
15min diary

[15min diary]おばあちゃんメソッド

おばあちゃんメソッド 現代のビジネスパーソンは様々なストレスにさらされているため、プレッシャーに押されキツイとき、気持ちが落ちること、投げ出してしまいたくなるとき、いろいろなつらい局面があると思います。 40代としては、時々相談を受けることもあるので、そのときにはためになることをアドバイスしようと思って話してはいますが、果たして本当に彼らの気持ちを楽にできているかはわかりません。 ただ、自分の中ではそういうつらい局面に立ったとき、おばあちゃんのことを思い出すと気が楽になります。 おばあちゃん。 それは自分自身がおかれている会社や仕事という環境とはまったく別の次元に...
15min diary

[15min diary]2019年もSFと筋トレで何とかしようとしている

新年あけましておめでとうございます、の舌の根も乾かないうちに、毎年恒例のブックオフウルトラセールに行ってみたり、Amazonをのぞいてみたりしながらまた本を入荷しました。積読本の待ち行列が3年分ぐらいあることは百も承知ですが、それはそれこれはこれ。 1年の計は元旦にあり。 ということで、主な収穫はこのような感じです。 ■エンダーのゲーム エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746)) オースン・スコット・カード 地球は恐るべきバガーの二度にわたる侵攻をかろうじて撃退した。容赦なく人々を殺戮し、地球人の呼びかけにまったく答えようとしない昆虫型異星人バ...
15min diary

[15min diary] 継続コンプレックス、少し緩和

■継続コンプレックス、少し緩和 なにかと物事を継続することができないことが自分自身の最大のウィークポイントである。と、痛いほど認識しながらも、だからといってすぐには変われないのが人間。でも40代を迎えるにあたって、いつまでもこのままではいかん、というほど強く決断したわけでもないのですが、このPodcast『newnakanostories』はコツコツと月に約2回、継続して続けることができています。 それはひとえに、自分の好きなことや興味のあることだけを、それを理解してくれる・または理解してほしい友達に話している、というストレスゼロのプロジェクトだからだと思います。そして、ミカミくん...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました