side stories

side stories

[side stories] よむよむ君 今年も46歳のお誕生日おめでとう

※4月6日に今年も46歳の誕生日を迎えた、ブックオフの ”よむよむ君” について想像をめぐらせてみました。 よむよむ君、46歳 ま:makito そうそう、今日取り上げておいた方がいい話題があるんですけど、ブックオフカテゴリの『よむよむ君、お誕生日おめでとう』ってやつなんですけど。 (*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*) 本日4月6日は、我らが #よむよむ君 の誕生日です♪ 今年"も"46歳になりました…! これからもブックオフとよむよむ君を、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m #誕生日 #今日は何の日 #記念日 pic.twitter.com/Fl...
side stories

[side stories] 『ナカノシンバシ、イキマス?』

ま:makito 先日、外国人観光客の方にひどい仕打ちをしてしまったんです。 仕事帰りに新宿まで帰ってきて、丸ノ内線に乗り換えて帰ろうとしていたときに、夜の9時ぐらいだったと思うんですけど、電車のドアが閉まる直前、「ドアが閉まります」っていうアナウンスの途中に、外国人の女の子2人組、たぶん20代後半ぐらいの観光に来ているアメリカ系の子たちが走って電車に乗り込んできました。そして、その子たちがスマホの画面を見せながら、僕にこう聞いたんです 『ナカノシンバシ、イキマス?』 み:mikami はいはい。 ま: で、僕は新中野で降りるから、「荻窪行き」に乗っているわけ...
side stories

[side stories] この世界が赤ちゃんの頃に見た夢の続きだったら

この世界が赤ちゃんの頃に見た夢の続きだったら ま:makito 先日、5歳児の娘とお風呂に入ってタオルで体を拭いているときに、娘がこんなことを言ったんです。 『パパ、これが赤ちゃんの頃に見た夢の続きだったらどうする?』 「これ」って何?って思って、『「これ」って、いまのこの時間ってこと?』と聞いたら、そうだ、って言うんです。つまり、この今生きているこの時間・この生活が、自分が赤ちゃんの時に見ていた夢の続きだったらどうするって言う意味なんですが。結構、その思想って凄くないですか? み:mikami すごい話出してきましたね。 ま: それで僕、感動して。というの...
side stories

[side stories] ブックオフ閉店セールにおけるドルコスト平均法によるリスク分散

ブックオフ閉店セールにおけるドルコスト平均法によるリスク分散 ま:makito これは経済の話なんですけど、株の話。僕、株はやってないんですけど何故か頭でっかちに多少の知識はあるんです。今、ブックオフ新中野店の閉店セールが進行していて(2017年当時)、閉店に向けて日々、50%オフ⇒70%オフ⇒90%オフ、というように割引率が増加していっています。 この状況で僕らがどういうリスクを抱えているかというと、『待てばもっと安くなる』という期待と、『あまり待ちすぎると欲しい本が売れてしまう』という悩ましい問題が生まれているわけなんです。 み:mikami たしかに。 ま: ...
side stories

[side stories] ATMの暗証番号問題

ま:makito 昔からずっとATM に関して思っていることがあって。ATMって、まずカードを入れて暗証番号を入力するでしょう。で、暗証番号間違っちゃったときの動きなんですが。 どうも多くの ATMではですね、間違って入力した時点では エラーを返さないんですよ。暗証番号を間違えていても、そのまま金額の入力に進んで、金額確定したあとで「暗証番号が違います」って言われるんですよね。しかも、モノによってはそこでカードを排出して始めからやり直しをさせたりしますよね? このプロセスがずっと納得いっていなくって。なんで暗証番号間違えたその時に警告を出してくれないんだと。そのまま先に行...
side stories

[side stories] iPhoneのライト事件

ま:makito これは日常であったちょっと切ない話からアイデアが浮かんだやつなんですけど、今週アタマ、朝の通勤の山手線で並んでて電車が到着したときに、なんか電車の中が光ってたんですよ。一部が。 強めの光が電車内から漏れてきたんで、なんでかなと思ってよく見たら、つり革につかまって iPhone をカチャカチャしてる男性がですね、あの iPhone の懐中電灯機能があるじゃないですか、結構すごいライト。あれが間違ってONになっちゃったまま気づいてない状態だったんですよ。本人はニュースとか見てるみたいでぜんぜん気づいてなくて。すごい天気のいい日だったから分かんなかったのかもしれない...
side stories

[side stories] simple way to start a podcast -part2-

part2 ポッドキャストを録音する part2では、Podcast の録音方法や機材について解説していきます。 Podcast をどうやって録音するかについては様々な方法が考えられますが、ここでは ”手軽に、かつ、ある程度の音質で録音ができる” というところ主眼をおいて考えていきたいと思います。 また、Podcast の収録は、どこかの場所に集まってやるという場合もあれば、自宅からスカイプなどを利用して遠隔で収録することも出来ます。実際私たちのPodcastでも何度かスカイプを使って録音した回があります。スカイプでの収録方法については、また別の機会を設けて説明したいと思いま...
side stories

[side stories] simple way to start a podcast -part1-

この『NewNakanoStories』というポッドキャストを開始してから約半年が経過しました。 半年の間で14本のエピソードを公開しましたので、単純計算ですが月2本のペースでやっています。 ポッドキャストを始めた理由は、いろいろな面白いポッドキャストをリスナーとして聴いているうちに、自分でもやってみたい!と思ったという単純な動機です。ロックキッズが『自分もあんな風にギターを弾いてみたい!』と思うのと同じ心の動きです。 あとは、いつかの回で話したことがありますが、このような収録をコツコツと積み重ねていくと、将来、歳を取ったときに聴き直す楽しみがあるのではないかと思...
side stories

[side stories] *Recommend: Tegan and Sara

podcast#002 で話題に挙げたように、とにかくAmazon primeの強大なパワーにおびえつつ、その恩恵に預かる日々を過ごしています。いい音楽のサーチ方法を大きく覆されたということもあり、だれかにお勧めしたい音楽が滞留しているので、せっかくですのでこの場を使ってご紹介したいと思います。 Tegan and Sara Tegan and Saraのことはデビュー時からビビッときて応援していましたが、ここのところチェックを怠っていたので、Amazon primeで検索したところ、最近のアルバムがダウンロード可能になっており、聴いてみたところブッ飛ばされました。 19...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました