stacked books

stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2021/3/4)

今回紹介する本 『深夜特急3』沢木耕太郎 『ドストエフスキーの人間力』齋藤孝 『人間は自分が考えているような人間になる』アール・ナイチンゲール 『つんつんブラザーズ』森博嗣 『シャドー81』ルシアン ネイハム 『ミステリーの書き方』アメリカ探偵作家クラブ 『THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』ミシマ社 編 『「読まなくてもいい本」の読書案内』橘玲 『Google流 疲れない働き方』ピョートル・フェリークス・グジバチ 『フレームワーク使いこなしブック』吉澤 準特 ”本を紹介したいんだけど、どんどん積まれていく一...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2021/2/23)

今回紹介する本 ・『屍者の帝国』伊藤計劃  円城塔 ・『読書のたのしみ』岩波文庫編集部 ・『沈黙入門』小池 龍之介 ・『ジェネレーションX―加速された文化のための物語たち』ダグラス クープランド ・『沈黙の春』レイチェル カーソン ”本を紹介したいんだけど、どんどん積まれていく一方なので、読んでから感想を書くとだいぶん先になってしまうので、読んだときでなく、買ったときに『買った理由』を紹介する” というコーナーです。 『屍者の帝国』伊藤計劃  円城塔 屍者復活の技術が全欧に普及した十九世紀末、医学生ワトソンは大英帝国の諜報員となり、アフガニス...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2021/2/20)

今回紹介する本 ・『造物主(ライフメーカー)の掟 』ジェイムズ・P・ホーガン ・『だれが「本」を殺すのか』佐野 眞一 ・『城』フランツ カフカ ・『天ぷらにソースをかけますか?―ニッポン食文化の境界線 』野瀬 泰申 ”本を紹介したいんだけど、どんどん積まれていく一方なので、読んでから感想を書くとだいぶん先になってしまうので、読んだときでなく、買ったときに『買った理由』を紹介する” というコーナーです。 『造物主(ライフメーカー)の掟 』ジェイムズ・P・ホーガン 百万年の昔、故障を起こした異星の自動工場宇宙船が土星の衛星タイタンに着陸し、自動工場を建...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2021/2/14)

 今回紹介する本 ・『砂の女』安部 公房 ・『創作する遺伝子 僕が愛したMEMEたち』小島 秀夫 ・『獣の奏者 I闘蛇編』上橋菜穂子 ・『物語論』木村 俊介 ・『スペース・オペラの書き方―宇宙SF冒険大活劇への試み 』野田 昌宏 ”本を紹介したいんだけど、どんどん積まれていく一方なので、読んでから感想を書くとだいぶん先になってしまうので、読んだときでなく、買ったときに『買った理由』を紹介する” というコーナーです。 ブログ書くのがなかなか続かないので、今回から、一人で録音してポッドキャストとして配信することにしてみました。 『砂の女』安部...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2021/1/16)

改めてご説明しますと、”本を紹介したいんだけど、どんどん積まれていく一方なので、読んでから感想を書くとだいぶん先になってしまうので、読んだときでなく、買ったときに『買った理由』を紹介する” というコーナーです。 『読書の腕前』岡崎武志 読書に関する本をみつけると、とりあえず手に取ります。この本は裏表紙の解説のところに『「ツン読」の効用』というキーワードがあって、積ん読にやはりどうしても罪悪感を抱きがちな自分の心に、なにか響くものがあるのではないかと思い、入荷しました。 寝床で読む、喫茶店で読む、電車で読む、バスで読む、トイレで読む、風呂で読む、目が覚めている間ずっと読む…...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2020/12/20)

夕方になって日も落ち、不安になりながら兄妹がなんとかたどり着いたのは小さな山小屋でした。しかし、なにか様子が違います。二人が近づいてみると、その理由はすぐに分かりました。 「おにいちゃん、この家、本で出来てる!」 「本当だ!これは…、ぜんぶ文庫本だね。それも全部ハヤカワSFだ。」 – 『新説 ヘンゼルとグレーテル』by.newnakanostories 『人間失格』 太宰 治 若き日に読書家の通過儀礼として読んだはずなのに、なかなかその内容を思い出せない。超有名作『人間失格』も私にとってそんな作品です。最近、芸人で作家のピース又吉さんのエッセイを読んでいて、あ、もう一回読んでおか...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2020/12/16)

「父は孤独な人でした。私達家族のことは顧みず、いつも自分の部屋に、自分の内側に籠もりっきりで本ばかり読んでいました。私はそんな父の背中ばかり見ていたので、顔さえもよく思い出せないくらいなんです。ほら、そこの出窓のところを見てみてください。いいえ、出窓には見えませんよね。文庫本が窓一面を覆うように積まれて、カーテンも締め切って。こんな調子だから、この部屋はいつも真っ暗で、私はずっと父の部屋に入るのが怖かったんです。探偵さん、父は私のことをどう思っていたのでしょうか?突然こんなことになってしまって、普通なら涙のひとつも出ると思うのですが、逆に辛いぐらいなにも感じないんです。」 「たしかに、お父様...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2020/12/13)

『積んでも、積んでも、その行為をどれだけ重ねても、その本が読まれなければ意味がない。たしかに君の言うことはもっともだ。人間が一生で読むことのできる文字数を完全に超えていることは私も認めている。ただそれは、あくまで20世紀の人生観がベースになっている。2020年の今でさえ、私達大人はその呪縛に囚われている。しかし、私達の子供達はどうだろう。成熟した21世紀後半の人生観に、死という概念は果たしてまだ残り、しがみついているだろうか?私は信じている。彼らはきっと新しい世界を生きるのだ。まだ人類が経験をしたことのない、いくら本を積んでも苦悩することのない、永遠の時代を。』 – newnakanostor...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2020/12/12)

『わたしは怖いのです。つい先週までは搖り椅子の腰掛けあたりまでの高さだつた本の山が、今では天井のシヤンデリアに迫るやうな勢いなのです。夜通し起きて家中を見張つていても、いつたいいつそれが積まれてゐるのかさつぱりわからないのです。たゞ、わたしの記憶の奧にうつすらと、紺色の買い物袋を持つたわたしが玄關の姿見に映る光景だけが、何度も浮かんでは消えるのです。』 – newnakanostories … 『アシモフの雑学コレクション』 アイザック・アシモフ 著、星新一 訳 ロボット三原則の生みの親、アシモフ先生が大量の雑学を教えてくれる作品。しかも翻訳は星新一先生。ということで買わずにいられない1...
stacked books

[stacked books] 最近積んだ本(2020/12/06)

『考えてもみなよ。1冊の本の文字数が少なく見積もって10万字だとすると、君が積んでいるその100冊の本だけでも1000万字分のデータ量だ。今はまだ積んでるけど、いつか読むんだろ?それは、それだけのデータがいつか君のなかに取り込まれるってことさ。そう考えると積むことも悪くないなって、そう思えるだろう?』 – newnakanostories 『もぎりよ今夜も有難う』 片桐はいり 先日、ネットニュースでこんな記事をみかけて「おお」と思いました。 あの片桐はいりさんが東京(大森)の映画館でときどきチケットもぎりをやっている、という話で、この記事で語られている映画愛にとても感銘しまし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました